葬式ガイド TOP -> 訃報 -> 訃報の連絡のしかた

訃報の連絡のしかた

訃報の連絡を受けた時、故人や遺族とそんなに親しい間柄ではなくても、メールでお悔やみの言葉を送るのは失礼にあたります。
どうしても都合が悪くてお通夜やお葬式に行けない場合は、後日お線香をあげに行かせてもらうか、メールではなく手紙を書いて送るのがマナーです。

故人とある程度親しい仲だった時には、遺族から訃報の連絡をするように頼まれることもあります。
その際にはお通夜、お葬式、告別式の日時、場所、故人と喪主の名前、仏式・神式・キリスト教式のどれで取り行われるかを伝える必要があります。

最近では一斉送信できるし、日時や場所などが正確に伝わるということから、メールで訃報を伝えるケースが増えてきています。
通常、お葬式などで使う正式な文章には句読点を使わないのですが、メールの場合は読みにくくなるので、使用しても良いといわれています。

その他の記事

pagetop