葬式ガイド TOP -> 香典 -> 香典袋の種類と違い

香典袋の種類と違い

お葬式に持って行く香典の表書きは、お葬式を出す家の宗教によって異なります。
仏教の場合は「御霊前」ですが、宗派が分からない時には「御霊前」を使っても大丈夫です。
ただし、袋に蓮の花の絵が描いてある場合は、仏教に限られるので注意しましょう。

「御仏前」や「御供物料」は四十九日が終わった後に使います。
また、「御香典」はいつ使っても大丈夫です。

神教の場合は「御榊料」、「玉串料」で、お通夜やお葬式の時には「御霊前」でも大丈夫です。
キリスト教の場合は「御花料」、「献花料」となり、無宗教の場合は「御霊前」が一番無難です。

いずれにしても、持って行く時には袱紗に包んでいくのが礼儀です。
袱紗は、結婚式などの慶事の時は赤などの明るい色ですが、お葬式の時は紫や黒を選びます。
袱紗がない場合も、暗い色のハンカチなどに包んで行くようにしましょう。

その他の記事

pagetop